MESSAGE
採用責任者メッセージ

「考え抜く力」と、その結果を「伝える力」を

/recruit/wp-content/uploads/2019/01/img_message_officer01_01.jpg

ITンサルタントの仕事とは

私たちビジネステクノクラフツ(以下BTC)は、ITコンサルティングという仕事を通じてプロジェクトの成功に貢献し、お客様と成功体験を共有していく会社です。私たちの主戦場であるIT系のプロジェクトでは、お客様と開発会社が集まって、決められた期間と予算の中で、システムを構築しようと活動をしています。

しかし、お客様と開発会社では立場も視点も異なります。そのため、時には意見が衝突したりして有効な解決策が見出せない、という事態が発生することもあります。また、プロジェクトが予定通り進んでいるのか、途中段階ではよく分からず、お客様が不安に思う場面もあります。私たちは思考力、決断力、説得力といったスキルを駆使して発生した問題を解決に導き、確実にプロジェクトを推進していくプロフェッショナル集団であり、それが、ITコンサルタントなのです。
/recruit/wp-content/uploads/2019/01/img_message_officer01_02.jpg

考え抜く力⇒それを伝える力

では、どうしたらITコンサルタントになれるのでしょうか?コンサルタント養成講座を受講する、開発方法論や設計手法などを勉強する、なども重要ですが、私が一番重要だと考えるのは「考え抜く力」であり、その結果を「伝える力」の2つです。

難しく考える必要はありません。まずは目の前のことを考えてみてみましょう。ここで大切なのは風呂敷を広げすぎないことです。自分で考えられる大きさの風呂敷にすると自ずと自分の考えがまとまってくるはずです。次に、同じことをお客様が考えたらどうなるだろう、開発会社が考えたらどうなるだろうと、関係者全員の考えを妄想するのです。そして、自分も含めた関係者全員の考えから「あるべき姿」を作り上げるのです。

ここで終わると絵に描いた餅です。そのあるべき姿を相手に伝えるにはどうすればいいのかをさらに考え、その考えに基づいて伝えるのです。私も若いころは、会議の前に自分で原稿を作って何度も練習し本番を迎えていました。そういった、ひとつひとつの積み重ねにより「考える力」や「伝える力」をつけることがITコンサルタントになる近道だと思います
/recruit/wp-content/uploads/2019/01/img_message_officer01_03.jpg

ともに働く仲間に求めること

・立ち止まらない
BTCの財産は「社員」です。社員の成長こそが会社の成長につながります。今に満足することなく、より高みのITコンサルタントになるべく、常に自己研鑽を図ることが重要です。そのために必要となるサポートを会社は全面的に行います。

・誰かのために
お客様のため、協力会社のため、BTCのために行動でき、そういった自分を楽しめることが重要です。しかし、周りの人のためだけに何かをし続けると、いつしか壁にぶつかるでしょう。ちょっとだけ自分のためになるという気持ちを持つことが持続するコツです。

・ポジティブ
仕事をしているときだけでなく、遊んでいたりしても、自分の思い通りにいかないことや、嫌なこともあるでしょう。たとえ、そういった場合でも、不平不満を口にすることなく、前向きに考え、行動できる人を求めています。

採用責任者 取締役
三浦 一善