CAREER/JOB
キャリアコース/評価制度

キャリアコース/評価制度

BTCには、2つの成長コースがあります。入社してから数年間はGeneralistとしてキャリアを積み、自身の特性や会社からの期待を鑑みてコース選択が可能

キャリアコース

Generalistコース

職域・担う業務範囲を拡大し担当するプロジェクトの種類・質・規模を広げていくコース。

Specialistコース

職域・担う業務範囲を絞って極め担当するプロジェクトにおけるパフォーマンスを質量ともに高めていくコース。

グレード

各コースには、グレードが設定されています。
Generalist(ジェネラリスト)コースはA・SA・C・M・SMの5段階。Specialist(スペシャリスト)コースはP・Eの2段階。

評価項目

半年毎に評価を行い、グレードを判定します。
Generalist・Specialist共に、①成果、②業務遂行能力、③スタンス、④成長の4つの項目を評価致します。
Output/成果

成果の創出度合い:揚げられた目標に対する貢献度合いを評価する。
自分に課せられた使命は何か、成果を出すためにいかに工夫するかを考え、目標を定める。目標の達成度評価を行う。

Skill/業務遂行能力

BTC社員に必要な、プロジェクトをうまく進め、成果につなげる能力の保有度合いと発揮度合いを評価する。グレードによって求められる能力レベルが異なるため、それぞれに要件定義を行い、その内容に即して振返り評価を行う。

Stance/スタンス

BTCの求める人材像に合致しているか、BTC社員に求められる資質を評価する。
全社員統一の要件を定義し、振返り評価を行う。

Learning/成長

継続して専門性の開発やスキルの獲得を自ら進め、成長することを評価する。個々人が自分の置かれている状況から目標を定め、目標の達成度評価を行う。

キャリアステップ

入社してから数年間はGeneralistとしてキャリアを積み、自身の特性や会社からの期待を鑑みてコース選択を行う事ができます。
各コースにはグレードが設定されており、それぞれのコース・グレードごとに期待役割を設定しています。評価基準を明確に設定しているため、 どの項目が評価され、何が不足しているのか分かりやすく、キャリアアップを目指せます。